主な診療内容

● 血液透析・血液濾過・血液濾過透析・腹膜透析

主として血液透析の導入、入院中の血液透析を行うほか、外来血液透析・腹膜透析も行っています。

2008年 血液透析施行341例 うち新規導入57例(2008年4月以降)
2009年 血液透析施行338例 うち新規導入62例
2010年 血液透析施行354例 うち新規導入33例
2011年 血液透析施行354例 うち新規導入42例
2012年 血液透析施行359例 うち新規導入52例
2013年 血液透析施行362例 うち新規導入48例
2014年 血液透析施行367例 うち新規導入50例
2015年 血液透析施行375例 うち新規導入67例
2016年 血液透析施行403例 うち新規導入53例
2017年 血液透析施行418例 うち新規導入54例

血漿交換

天疱瘡や溶血性尿毒症症候群など、種々の疾患に対して血漿交換を行います。

2009年 19例50回(2009年7月以降)
2010年 16例61回
2011年 14例48回
2012年 66例202回
2013年 27例111回
2014年 26例116回
2015年 41例181回
2016年 32例193回
2017年 31例152回

直接血液吸着灌流・血漿吸着

活性炭などを用いて血液中に溶けている有害物質を吸着除去します。また重症筋無力症などの疾患に対する免疫吸着療法、一部の高脂血症に対するLDL吸着療法などを行います。

2009年 7例22回(2009年7月以降)
2010年 24例84回
2011年 5例13回
2012年 2例7回
2013年 21例33回
2014年 12例29回
2015年 2例2回
2016年 12例23回
2017年 16例38回

白血球除去

炎症性腸疾患などに対してLCAP(白血球除去療法)、GCAP(顆粒球・単球除去療法)を行っています。

2009年 55例326回
2010年 45例266回
2011年 42例260回
2012年 32例245回
2013年 40例274回
2014年 34例270回
2015年 29例211回
2016年 29例189回
2017年 28例190回


これらの治療を必要とする患者さんに関する薬物投与や輸液などの相談を受けています。